皮の問題

まず、包茎手術がどうたらの前になぜクリニックに行き、包茎手術を受ける必要があるかについて語ろう。

包茎と言うのは3種類の症状があるわけだ。
この中で最も多く、日本人の70%近くが仮性包茎と言う包茎である。
これは、仮という言葉が付いている事からも分かる通り剥こうと思えば自由に剥く事が出来る包茎である。

掃除や性交時等も問題が無いためクリニックに向かう必要はない。
しかし、必要がなくてもクリニックに向かう人が居るのも忘れてはいけない。

包茎とは恥ずかしい事とされているため仮性包茎であってもクリニックで包茎手術を受ける事もある。
これは、通常時は皮が被っているという仮性包茎をいわゆるズル剥けの大人亀頭にする為にする手術である。

クリニックで包茎手術をする事により、亀頭が露出した状態になる。
亀頭と言うのは外部からの刺激で強く大きく成長する物であるから
当然皮で守られた時よりも成長率が高くなり立派な物になるとされている。

また、包茎手術をする必要があるべき場合もある。
それが、真性包茎やカントン包茎と呼ばれるタイプの包茎である。
これは、手術をしなければ問題が発生する事もあるのでリスク管理的な意味で手術が必要になるのである。

包茎が恥ずかしいから手術したい、でもどこがいいんだろう。そんな時は包茎手術の評判情報をチェックしてみましょう。きっと納得するはずです。

Comments are closed.